topics

アートギャラリーにて、荒井颯子の個展「黄色い壁、いくつかの短い話」を開催

横浜マリンタワー2階のアートギャラリーにて、多摩美術⼤学⼤学院に在籍中の若手作家・荒井颯子による個展
「黄色い壁、いくつかの短い話」を2023年12月1日(金)~12月27日(水)の期間に開催します。

概要

荒井颯子は、1999年京都府生まれ。現在多摩美術大学大学院 美術研究科に在籍しながら、架空の世界に生きる人物を日本画の技法で描くアーティストです。
自分自身の経験や感情ではなく、自身が作った風景と映画や写真などのイメージを組み合わせた作品は、異国情緒あふれる独特の世界観を持っています。
発色性の高い岩絵具とその質感によって、現実世界ではなく架空の世界であることを強調し、無表情に描かれた人物は、現代社会の寂しさやささやかな幸福を示唆しています。

荒井にとって初めての個展となる本展では、《黄色い壁》を軸に生み出した新作を展示します。
こちら側とあちら側を隔てる壁。
その手前にいる人がこの作品を観たときに、向こう側の世界の存在に気付いてもらえるような作品であってほしい、と荒井は語ります。

アーティストステートメント

黄色い壁、いくつかの短い話

思いがけない出来事は予想できた出来事より良くも悪くも大きな衝撃を与える。
悪い予期せぬ出来事が起こることがとても怖く、絵も出来るだけ自分の思った通りにしたいものだが、同時に思いがけないことが私の絵の中で起きて欲しい。

疲れて感覚が鈍くなってくると、自分が今どんな気持ちなのかわかるのに時間がかかることがある。
そういうとき、ばらばらの出来事やそこに起こった気持ちが、自分の中でぼんやりとまとまって、感情になっていくように思われる。
日々の出来事はそれぞれ違う場所で起こりながらも互いに私の中で響き合ってやがて大きな感情に繋がるのではないだろうか。
「悲しい」という感情にも嬉しさの混じった悲しさや、悔しさの混じった悲しさなど色々な種類のものがある。一度「悲しい」という気持ちに分類してしまうと、それらの感情の細かなニュアンスは失われてしまう。
そうした失われた気持ちのディティールをできるだけ具体的なシーンの中に描くことで、人が持つ普遍的な感情を想起させたい。

私の描く人物は大抵無表情だ。
だが、誰かが言っていたように、それはその人物がこれから笑顔になることも泣き出すこともあるということだ。

※全文はこちらからご確認ください。

アーティストプロフィール

荒井颯子 / Sacco Arai

1999年京都府生まれ。自身の作った架空の空間と映画や雑誌で得たイメージを組み合わせ、人物を配置するという手法で日本画を描いている。自分自身の経験やそこに生じた感情を直接描くことはせずに、自分の外側の世界を描くことで、主観的な経験から距離を置いた視点で作品を制作している。

〈学歴〉
2023年 多摩美術大学 絵画学科日本画専攻 卒業
2023年 多摩美術大学大学院 美術研究科博士前期課程 入学

〈受賞歴〉
2021年 第56回神奈川県美術展 入選
2021年 カワウソ画廊新人賞 奨励賞
2022年 明日をひらく絵画 第40回上野の森美術館大賞展 入選

〈グループ展〉
2020年 あまりもの展/gallery blue (東京)
2021年 Bedtime stories/gallery re;tail(東京)
2021年 iPPUKU!/ ギャラリーzakura(東京) 
2023年 第46回東京五美術大学連合・修了制作展/国立新美術館(東京)
2023年 五節句の賦-日本の心を描く-vol.3/東京九段耀画廊(東京)
2023年 ART SESSION by 銀座 蔦屋書店/銀座 蔦屋書店(東京)

一覧をみる